カテゴリ: アルケー(LOA)の世界は未知との遭遇だ!

ページ: 1 2 3 4 5 >>

インカの目覚めが目覚めた?

パーマリンク 2009/10/25 10:14:34 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: アルケー(LOA)の世界は未知との遭遇だ!

 先日、岩見沢市の西にある北村の農業者の畑を見に行きました。そこで驚いたのがいもです。インカの目覚めという種類の芋なのですが通常、5センチ程度の大きさなのですがここのいもは10センチ以上の作物が出来てしまうというのです。これこそインカの目覚めの目覚めか?
 


 生産者の方はあまりの大きさにとまどった感じでしたが、食品加工に30年とういベテランに調理して食味をしていただいたところ、煮崩れもなくかなりおいしいと驚かれました。大きな作物は大味で中身の無いものも多いのですがこれは違うのです。

 秘密は心を込めた畑作りとLOAで造られたアースパワーというミネラル製品です。この圃場は20年間有機栽培をしているのです。ですから土は通常の畑のようにいじめられていないので元気なのです。その基礎があってアースパワーというエネルギー資材がさらに活躍の範囲を広げたらしいのです。

 10月22~23日まで札幌と室蘭で環境セミナーを行いましたが、そこで講師をされた山口先生も驚かれていました。自然の可能性はまだまだ無限ですね。


 

環境セミナー開催

パーマリンク 2009/10/17 21:03:46 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: アルケー(LOA)の世界は未知との遭遇だ!

 ひさしぶりに北海道で環境セミナーを開催します。
 LOAは今世紀最善の発見と思います。

 信じられないと思いますが、食品等がもともとの状態よりもおいしく新鮮になると世の中 はどう思うでしょうか?
 最近のエコカーよりも排気ガスがきれいになるとCO2問題はどういなるでしょうか?
 音響装置の音がデジタルであるにもかかわらずアナログの暖かい音に変わったり、音がこ こち良く変化するとしたらどうでしょうか?
 そのようなことが直ちに可能なのがLOAなのです

 LOAという不思議な製品を開発した山口さんに来ていただき、開発の経緯と応用の話を農業や環境、健康問題とあわせてお話いただきます。
 
 私はLOAが世界の環境を復元する起爆剤としてもっているポテンシャルを一人でも多くの人に見て感じていただきたいと思っています。また、見た目はともかく、内容に自信があります。この製品を出発点として世界の環境問題を本気で変えようと思っています。興味ある方はお声かけください。

「これからの農業と健康、環境問題を考える!!」
 (札幌会場)
日時:平成21年10月22日(木)
場所:札幌市産業振興センター
   (札幌コンベンションセンター向い)
   技能訓練棟1F会議室
   札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
   TEL:011-820-3033
(室蘭会場)
日時:平成21年10月23日(金)
場所:室蘭市中小企業センター 小会議室D
  室蘭市東町4丁目29-1
   TEL:0143-43-3619
(セミナー開催時間:札幌、室蘭共通)
   環境セミナー昼の部「環境と健康」 開催時間:午後1時30分~4時30分
   環境セミナー夜の部「農業と健康」 開催時間:午後6時30分~8時30分
    講師:山口達也氏 LOA相談役
  *どちらの時間帯で出れるように2部構成にしました

 
 


 お米は全く違う銘柄のお米に変わるような変化があります。米ぬかも1年間新鮮な状態でかびません。あまくいいにおいです。

建築医学会春の大会

パーマリンク 2009/04/29 19:32:19 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: 小さな旅の話, アルケー(LOA)の世界は未知との遭遇だ!

 建築医学会の春の大会に参加するため東京にいっいた。前日、赤外線住宅研究グループの会合があったので多少時間ができ、散歩に出た。神田に宿泊したので皇居を散歩した。

 
 朝、8時前だったのでまだ中に入れなかったが、皇居の周りを歩いたのは初めてだった。これが皇居かと田舎者には感激だった。静かなたたずまいは東京の真ん中にあるとはとても思えない風情だった。ただしお堀が着たなかったのは残念。


 


 建築医学会の大会は今年も盛大でたくさんの人が訪れました。我々もLOAで4回目の出展になるので少しずつ知れわたってきたのか、今年は以前にましてかなり反応が良かったのはうれしかった。環境意識を持った人たちが増えてきたという実感でした。「そうかい」も認知度が広がり、地球にも喜んでくれていると思いました。
 

驚きの長いもが苦節7年で完成!!

パーマリンク 2009/03/18 20:25:13 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: アルケー(LOA)の世界は未知との遭遇だ!

 北海道グリーンフアームの高橋さんが長野県にいるときから研究開発してきた特別性の長いもがついに完成した。何が特別性かというと味や鮮度もさるものながら今まで出来ないことをついに実現したのです・

 

 
 その一つがこの皮むき長いもなのです。長いもは通常、皮をむくと2~3日で酸化してしまい味も鮮度も落ちてしまうのが常識です。また、皮をむく場合にアレルギーで手が痒くなることがしばしばありました。しかしこのながいもは薬品も使わず皮をむいてから1ヶ月間も酸化せず持つのです(市場では1週間程度のなかで消食べてもらう)。秘密はLOAの水にあるといいますが種は教えてもらえません。この長芋はそのまま袋から出してとろろにしたりして料理に使えます。もちろんそのままかじってもうまいのです。長いもの加工食品の常識を覆し、鮮度が長期間維持し、極端にうまい長いもたたきが世界で初めて完成しました。

 


 2つ目の長いもは味噌漬けのながいもです。歯ごたえも良く、口に入れるとふわっとうまみが口いっぱいに広がる感じがわかります。そのまま酒のつまみでもいけるし居酒屋のお通しにもそのまんま使えることうけあいです。

 市場に出るのは4月から5月になりますが、北海道に新たな分野を切り開く加工食品として大いに受けること間違いなしと太鼓判を押させてください。

東山牧場さんのソフトクリームはうまい!!

パーマリンク 2009/01/30 21:52:33 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: アルケー(LOA)の世界は未知との遭遇だ!

 
 LOA環境セミナー(札幌)のあとで三笠市にある東山牧場さんのところへ伺った。ここは北海道で唯一LOAを水と電気に応用して活用している牧場なのです。その後、牛たちがどんな風に暮らしているか見てみたいと楽しみにしして行きました。


 牛舎に入るとびっくり、牛舎独特のくさい臭いは無く、サイレージのにおい(牧草)しかしないのです。そして通路を歩いて感じたのですがまたまたびっくり出素。よそ者の私たちが通路を歩行してものんびりしているのです。穏かです。こんな牛たちが作るソフトクリームはどんなだろうと、再び東山牧場さん直営の売店へ早速いきました。


 バニラソフトを注文し、4人ではくつくと全員が「うまい!」の連発。なんともいえない深い甘みとのど越しのよさ、食べた後でもあまり水を呑みたくならないくらいの口にまとわりつかないきれのある味。ほれ込みました。夏には一度に3こ~4個ほどぱくつきたいとひそかに計画しました。楽しみだ~。

1 2 3 4 5 >>

2018年9月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 地球の不思議を知りたくて大学で地質三昧の生活をおくる。その後、広島県での地質調査の仕事を経験したあと 北海道へ帰郷し現在に至る。故郷では友人と2人で「登別探検隊」を結成し、山や川、滝や四季の自然を追いかけ てふるさとの自然のよさを実感する。しかし、同時に自然が日々、いとも簡単に壊されていく様子を目にし始める。  それから10年ほど登別市幌別鉱山町をフイールドに環境教育や自然環境の保護などの活動を行う。仕事では建 築物の銅配管に数年で穴が開くというピンホール現象を長年追いかけてきた。この研究がもとで、水の研究や汚水 処理の研究も行い、環境や自然の問題は教科書に書いてあるような単純なものではないことを知った。  私は環境問題を新たな視点で考え、この問題の解決に立ち向かっています。そして、北海道の人と自然を元気) 健康)にしたいというのが私の願い。    

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software