ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 49 >>

白川お米屋さん100周年

パーマリンク 2009/11/28 20:03:15 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: 思いつくまま雑感

 室蘭の白川米穀(やまこしらかわ)さんが創業100周年を迎えた。
昨日その祝賀会に参加しました。現在の社長が3代目で白川皓一さんです。
企業を100年間継続するは本当に難しい。昔は企業存続は30年という
話がありましたが、最近は10年も持たない企業も多いのですが
100年持たせるとなると、なにか違いがあると考えざるを得ません。

 


 お話を聞くと、お客様を大切して、社員を大切にした心の気配りと
仕事に対する志が今につながったのではと感じました。

 まちおこしではNPO法人羅針盤の代表を努め、
常に自分たちだけでなく、まちの将来を見据えた熱い思いの
白川さん、これからもますますみんなを元気にしてくれる
おこめとやさしい気くばりの人として、益々活躍されることを
応援しています。

 ちなみに私の食べているお米は白川さんから購入しています
玄米なのですが、うちでは発芽玄米として炊き上げて子供たち
に大人気です。白米を食べたいという子供はいなくなりました。
また、生まれてから60年間、玄米を食べられないという
義理の母も、たべることが出来ました、すばらしいお米を
ありがとうございます。

天然足湯に初めて入った

パーマリンク 2009/11/26 21:53:22 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: 小さな旅の話, こんな本読んでみました


 先日、ヨッシーが北海道に来て登別へよってくれた。そこで風呂好きな、温泉好きな、サウナ好きなヨッシーのために登別温泉にある天然足湯へ入ったのです。

 ここの天然足湯は林に囲まれた自然の中で川がすべて温泉水というワイルドな足湯なのです。数年前までは散策路しかなかったので、散策好きの私でも入ったことが無いという代物なのです。

 この川は大湯沼という爆裂火口から湧き出るお湯が流れきたもので温度も39~40℃前後と私の足は感じました。この近くにも小さな火口があり、最近爆発したので立ち入り禁止になっていました。足湯には爆発したときにお湯の温度が上昇することがあるのでご注意と但し書きがありました。うれしいくらいワイルドだね~。

 さらに入ってみて分ったのですが、写真の滝付近に足を入れると地熱が足に伝わり熱いのです。長く足を入れているとやけどしそうな感じがしました。これは入ってみないと分らない情報ですね。みなさん北海道の登別へ来たときには是非、天然足湯へお越しください。

リッキーさんのコンサート

パーマリンク 2009/11/24 21:56:04 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: 思いつくまま雑感

 もと、


 ビートルズのコピーバンド、バッドボーイズのリッキーさんが室蘭の市民会館でコンサートを開いた。望月製麺のラーメン店鉄平の8周年記念で行ったのです。望月製麺の泉田社長はビートルズの大フアンでラーメン店にもかかわらずいつもビートルズナンバーが流れている粋な店なのです。
 
 知らない局も結構ありましたが、最後にレットイットビーとイマジンをピアノの弾き語りで聞くとやはり名曲だとうなりました。とくにイマジンの詩はいいね~。イマジンはたしか私が中学生のときヒットチャートで上位にいたと思います。そのあとはマインドゲームスでしたっけ?
 なつかしな~

交通事故のマジックって何だ?

パーマリンク 2009/11/19 22:08:10 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: ちょっと仕事に関連して・・。

 今年第4回目の荒川設備40周年
 記念講演会です
テーマは
 「足腰の痛みを回復させた私の健康法!」
         
 講演者である水元さんは
交通事故で、すり足でしか歩
けなくなり、首も回らず、寝
起きも自分でできないという
経験を経て、苦肉の策で体の
ゆがみを自分で修正する製品
「シエルマジック」
を発明しました。

 実に5年もの間、何をやって
もよくならなかったのです。

 それがある日突然、プロトタ
イプを装着したら急に歩けるよ
うになったのでお医者さんも
びっくりしたそうです。

シエルマジックは
見た目も付けた感じも「ごつ
い」のですが、痛み、ゆがみが驚
く程とれてしまうことを私も
体感しました。まさにシエル
マジックですね。

 そんな体験をした水元さん
が痛み、ゆがみのある方へ
体のゆがみを自分で整える
方法をお伝えします。

 講演会の開催は
平成21年12月9日(水)
登別市富士町2丁目11-7
ブテイックHANA
2Fギャラリーにて
午後6時30分から8時まで
開催します
是非、おいでください

北海道技術ビジネス交流会を見てきました

パーマリンク 2009/11/13 19:08:12 著者: kankyo-tantei メール
カテゴリ: ちょっと仕事に関連して・・。


 今年も技術ビジネス交流会が開催されました。
今年は「環境広場」にでたので出展しませんでした。
しかし、なんとかなりの企業が出展し、平日にも
かかわらずかなりの人手で、居間までに無い盛況振りでした
。何が変化の要因になったのか分りませんが、
長い不況のうさを晴らすべく企業が立ち上がったと
思わざるを得ません。
うれしいです。

 私も中小企業化同友会の西胆振企業の
ブースにパネルのみだしました。
地域に元気の無いときには仲間と情報交流して
元気をどんどん打ちまくることも必要ですね。
 本日も色いろなブースで新たな出会いがあり、
また、発見もありました。
ありがとうございます。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 49 >>

2018年5月
 << <   > >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 地球の不思議を知りたくて大学で地質三昧の生活をおくる。その後、広島県での地質調査の仕事を経験したあと 北海道へ帰郷し現在に至る。故郷では友人と2人で「登別探検隊」を結成し、山や川、滝や四季の自然を追いかけ てふるさとの自然のよさを実感する。しかし、同時に自然が日々、いとも簡単に壊されていく様子を目にし始める。  それから10年ほど登別市幌別鉱山町をフイールドに環境教育や自然環境の保護などの活動を行う。仕事では建 築物の銅配管に数年で穴が開くというピンホール現象を長年追いかけてきた。この研究がもとで、水の研究や汚水 処理の研究も行い、環境や自然の問題は教科書に書いてあるような単純なものではないことを知った。  私は環境問題を新たな視点で考え、この問題の解決に立ち向かっています。そして、北海道の人と自然を元気) 健康)にしたいというのが私の願い。    

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution